アクセスランキング

toto ブックメーカー かかってこい!

アクセスカウンタ

ご訪問いただき有り難うございます(*´∀`*)
当サイトはブログランキングに登録しております。当サイトがご参考になりましたら、
もしくは他のtoto予想をご覧になりたい方は以下のアイコンのクリックをお願い致しますヽ(=´▽`=)ノ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

zoom RSS 第940回 toto 予想 仙台G大阪戦は仙台寄りも要検討!その他 ホーム無敗の千葉より大分を支持!

<<   作成日時 : 2017/06/29 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 124 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は12/13と非常に惜しい結果となりましたが、これまでのいろいろな経験だったり、色々と最近考えてきていることが間違っていない可能性が高まった手応えがあったりして実は全然凹んでいなかったりします。
なので非常にスッキリした気分で予想できている今回でもあります(だからといって当たるとは限りませんよ!!)


画像

今回はマークは少ないですが、ダブル示唆をしているところは多くあり、仙台G大阪戦についてはむしろガンバ外しのダブルも検討していたり、甲府鳥栖戦については鳥栖MF原川の出欠によりダブルの方向性が変わることも言及しています。
ですので、もしかしたらネット締め切り前に改訂版をTwitterにUPする可能性もありますことをご了承ください。
その上でも改訂版のほうが的中率が良いとは限らないこともご了承くださいm(_ _)m



1.札幌FWジュニーニョはアキレス腱断裂のため本国へ一時帰国となっています。
清水FWチアゴは足首痛のため別メニュー調整中で今節出場微妙です。
今季ホームで強かった札幌ですが、現在ホームでのリーグ戦は2連敗中、ルヴァン杯でもC大阪に0-2敗戦しています。とにかくこのところ1得点以下が続いているのが目立っています。
清水は清水で前節甲府に1-0勝利するまでリーグ戦9試合連続未勝利だったり、互いに昇格組らしい苦しさがありますが、引分で踏ん張れることも多い分(実際には先制しているのに追いつかれての引分の方が多いですけど)、順位の上では清水が上という感じです。
清水で気になるところは毎試合失点が続いていることなので(札幌もほぼ同じような感じですが)、今節妥当と思えるのは1-1引分というところでしょう。
ただし、札幌ホームであり、なおかつ互いに昇格組というところからすれば順位で劣勢に陥っている札幌にとってここでの勝ち点1は非常に意味が薄く、終盤劣勢だけでなく、均衡状態でもかなりオープンに攻勢に出てくることが予想できます。
ただそれでも個人的に最も可能性が高そうなのは引分と考えています。(終盤)撃ち合いとなるとどう転ぶか正直わかりません(ちょっと札幌MFヘイスが絶好調かもしれないのでその分札幌でしょうか……)。


2.G大阪MF堂安律が前節を最後にオランダへ海外挑戦となっています。
仙台は前節、その前天皇杯での惨敗を払拭するため非常にアグレッシブなサッカーを見せながらもC大阪の逆襲に遭い2-4敗戦、負けたものの気持ちは見せたというところもあるので、今節G大阪が相手でもやっぱりちょっと警戒はしたいところです。
G大阪は堂安律が移籍してしまいましたが今季は井手口が主力となってきたのが好材料、怪我人が戻ってきたり代表日程が一段落し、相変わらずFWの層の薄さは感じますが中盤の厚みからしてチーム総合力はまとまってきている印象です。
結果として今季リーグ戦で2敗しかしていないG大阪ですが、気になるのはその2敗の相手が今季絶不調で守備割り切り戦術をしてきた広島(0-1)、そしてリーグ屈指のモチベーター名波監督率いる磐田(0-3)であること、いずれも無得点試合となっていることです。
つまるところ負けの数は少なくてもやられる時はころっとやられるG大阪(今季先制されての勝利は実は0、3分2敗、引分はいずれも1-1、2敗はいずれも無得点、つまり先制されると1点までしか取れていない)ですので、一応G大阪△ですが、仙台が前節同様のモチベーションで来る限り仙台先制のシナリオも十分考えられますので、そのシナリオとなれば控えめに見ても仙台△、引分も△という可能性になります。
私も場合によっては仙台側のダブルで買う可能性あります。


3.浦和はリーグ戦3連敗中、勝ち点的にも優勝が厳しい状況となってきました。Jリーグ全体のファンである私としてはこれでACLに集中してくれたらなんて思うところもありますが、内容を見ている限り実力的な心配はやっぱりあまり必要ないとは思います。
ただ例年であればたとえ先制されてもペースを乱すことが少なく、それが強みとなり年間勝点1位の原動力であったはずが、どうも連敗で焦りが見え始め先制を許してしまうもしくは追いつかれてしまうと攻守バランスを軽視してしまうのが大問題に思えます(つまりメンタル面)。
またラストDFとなるのが遠藤航になる場合が非常に多く、その対処能力はやっぱりボランチの方が本職だろうなと思わせられるところでCBとしては不安があると言えるでしょう。

今節はある意味ダービーである広島が相手であり、警戒必須のはずなんですがその広島は現在絶不調、今季リーグ戦ではG大阪と甲府相手の2勝しか挙げられていません(一応警戒すべきはいずれもアウェイ勝利というところでしょうか)。
今節はおそらくミラーゲームな上に守備をベースとした互いに低い位置からのポゼッションベースで崩しを狙い合うサッカーになると思われるので、前線の連携面と個の能力というところでやはり浦和が上手と見て浦和△、○以上としないのはやっぱりダービーの怖さがあるからです。


4.川崎はここ3試合1得点以下と持ち味の攻撃力にちょっと心もとなさが漂うこの頃、ただし守備力についてはここ3試合で3失点しているものの昨季までと比べれば相変わらずの安定感があります。
神戸はセットした守備を相手にすると攻めあぐね、ロングカウンターでやられやすいという印象が昨季からありましたが今季序盤はセットプレーでの得点力があって力強さが見られましたがここのところはセットプレーからの得点が激減しており(といってもリーグ戦ここ6試合中5試合の相手が鹿島、F東京、C大阪、G大阪、マリノスと中央の堅い相手が目白押しでしたが)そこが不安なところです。
そして川崎は今季セットプレーからの失点が少ないので(失点自体少ないですが)基本的に川崎の負けはなさそうと考えています。
もしかすると引分の目もあるかなというところですが、ここは川崎勝利に○です。


5.新潟は呂比須監督就任時こそ札幌に1-0勝利しましたが、その後リーグ戦4連敗中、目指すサッカーは堅守速攻ですが札幌戦のみのクリーンシートでなかなか理想が現実にはなっていません。
対する磐田はリーグ戦G大阪、浦和、F東京を相手にいずれも複数得点、2試合でクリーンシートで3連勝中と絶好調です。
ただし、クリーンシートはいずれもホームの試合、また対戦相手側からすれば気持ち的に白星を挙げなければいけなかったという部分で前掛かりになりやすく、カウンターを受けやすかったということも挙げられると思います。
この点で新潟は磐田を相手に理想とする堅守速攻がうまくハマる可能性があり、磐田は強豪相手に連勝中だからこそ足元をすくわれる可能性があると言えるでしょう。
なので心情的には新潟にマークを付けたいところでもあるんですが、いかんせん新潟は相変わらずセットプレーでの失点が減っていません。
磐田は2節前の浦和戦では俊輔不在ながらもセットプレーで1得点挙げており、俊輔は前節復帰してもいます。
つまり俊輔がいてもいなくても新潟はセットプレーによる1失点(以上)は覚悟すべきであり、これが先制点とでもなればそれで堅守速攻の理想は崩れてしまうということもあるため、やはり総合的に考えて新潟の勝ち目は3通りでは一番下、順当に考えて最も可能性が高そうなのは引分であり、次点は磐田だろうということになります。


6.マリノスは引き続きDFデゲネク、MFバブンスキーが代表離脱中ですが、リーグ戦3試合連続完封勝利の4連勝中と好調、
大宮も伊藤彰監督となってから2勝1分で2連勝中と調子を上げています。
ただ勝利を挙げている対戦相手のレベルからするとやはりマリノスが上手になるのかなと思わせられるところでもあります(大宮の2連勝は新潟と広島が相手、マリノスの4連勝は清水、川崎、F東京、神戸が相手でした)。
一方で大宮の2連勝はいずれもアウェイだったので、今節勝利すれば伊藤監督にとってリーグ戦ホーム初勝利でもあります。
色々ときな臭い要素もありますが、サッカーの内容としては大宮はコンパクトな中からアーリークロスが最大の武器、マリノスはやはりドリブル突破を含めたロングカウンターといったところでしょうか。
その上で中央が堅く、3連続無失点中のマリノスであり、裏のスペースはあるはずである大宮なので、ここはやはりマリノス有利と見るべきかなと思われます。
また伊藤監督にリーグ戦ホーム初勝利をプレゼントしたいからこそスキができておかしくない大宮でもあるでしょう。
ということでマリノスに△としておきます。


7.鳥栖MF鎌田大地は前節を最後に欧州移籍、MF原川は前節前半途中で負傷交代しており今節の出場が微妙となっています。
MF原川は今季鳥栖の攻守の要であり、なおかつプレースキッカーを務めていることもあり、彼の出場が微妙というのは予想に大きな影響を与えてしまいちょっと現段階では読めなくなっています。
甲府はリーグ戦ここ6試合未勝利ですが、複数点差負けはアウェイでの仙台戦のみ、
鳥栖はリーグ戦ここ4試合負けなしですが、アウェイでの今期成績は4分4敗と未だ勝ち星がありません。
ただ鳥栖のアウェイ成績についても複数点差負けはG大阪相手の0-3のみとなっているので、基本的にはかなり均衡した試合になりそうな予感です。
さらに付け加えて甲府は前節もセットプレーから失点しており、第11節から14節にかけてもそれぞれセットプレーから1失点しているため、やはり鳥栖MF原川の出欠が大きな鍵を握りそうな試合です。

おそらく5バックで来るであろう甲府相手に鳥栖が割り切った放り込みができるかどうか、甲府は鳥栖の運動量勝負を受けて立つことができるかというところが原川抜きでの勝負のポイントになりそうです(また鳥栖FW小野裕二はオシャレプレーをする傾向があるので、その一発で抜け出す可能性もそこそこあるでしょう)。

総合的に考えて今季の甲府は先制できるとその1点を守りに行き過ぎる傾向が強く、鳥栖は今季アウェイでは第5節のF東京戦での3-3引分以外はすべて1得点以下となっているため軸とすべきは引分○かなと思われます。
その上で鳥栖MF原川が出て来るなら鳥栖▲、出ないなら甲府▲といったところでしょう。


8.柏はリーグ戦ここ10試合負けなし9勝1分、鹿島はリーグ戦3連勝中となっており、両者ともに結果的な調子は非常に良いです。
ただ両者ともに前節はなかなか苦しんだ勝利でもあり、相手最終ラインがセットしているとなかなか崩しきれないようなところも見受けられます。
一方で両者ともに一度リードさえすればほぼ譲らないサッカーでもあり、今季はどちらもリーグ戦先制していれば勝率10割となっています。
ということは基本的な安全策は両天秤になりそうなんですが、前節の内容を重視すると互いに決めきれずの展開での引分もありそうなんですよね。。。
ただ両者のリーグ戦過去戦績でも直近の引分は10試合前、2012年まで遡ることになっており、その後前回対戦までの9試合はいずれも決着が付いているのでやはり両天秤が安定に見えます。
ただ今節は他にも難しいカードが多いので、優劣を付けるとすれば……うーんやはり甲乙つけがたいですね(;´∀`)
こういう時、どうしてもシングルで買うなら投票率の低い方と考えるのが思考的にはベターかと思いますが、実際かなり均衡していて若干鹿島のほうが投票率低いという感じになってますね。


9.C大阪は前節アウェイ仙台にかなり押された展開ながら効率の良い得点で4-2勝利、MF清武がまたも負傷離脱してしまいましたが、柿谷の柿谷らしい飛出しとダイレクトプレーでの得点もあり、山村の堂々たるプレーもあるなど好材料が多いです。
FC東京は前節磐田を相手に押す展開ながらも磐田に効率的に得点を許し、またFW大久保が靭帯損傷で途中交代するアクシデントもあって0-2敗戦しています。
ウタカは相変わらず怖い存在ですが、ゲーム展開として考えると押されても強いC大阪と押しても無得点だったF東京ということでC大阪が有利になりそうな今節ですが、個人的には大久保が離脱したことでむしろ割り切った戦法になりやすそうなF東京であり、今節はC大阪ホームでもあるので、展開的にはC大阪が押す場面が増えそうながらもなかなか得点できない状況が続くのではないかと予想しています。
そんなわけで基本的には引分が本命だろうという感じで○です。
ただちょっと怖いと思うのはC大阪MFソウザのミドル1発かなといったところです。


10.湘南DF岡本拓也は今節出場停止です。
名古屋はどうしてもまだまだプレッシングに弱く、また相手にボールを保持される展開になっても弱いというか、ハイプレスを仕掛けるよりもリトリートしがちなのでポゼッションでのリズムが創りづらいところがあります。
湘南はハイプレスチームだというところでも今節は勝機あり、また今季の湘南はセットプレーからの失点割合が非常に高いのですが、最近は守備が安定しており6試合連続1失点以下、3試合連続1-0完封勝利中だったりします。
名古屋はセットプレーでの得点割合が低く、個人的に風間監督にとって名古屋での大久保嘉人的存在になりうると見ていたFW永井龍は3節前に途中出場で怪我から復帰し、2節前も途中出場しているものの前節は欠場しており、公式発表はありませんが、怪我を再発している可能性が高そうです。
湘南の得点力が高くないので3通りの展開も視野に入れがちだと思いますが、結局のところ名古屋がポゼッションできるかできないかが大きなポイントだと思っているので引分は薄いものと考えており、その上で湘南はそんなに簡単に名古屋のポゼッションを許さないと考えているので予想筆頭は湘南△と見ています。


11.福岡はとりあえず置いていて、岐阜について。
岐阜はこのところ暑くなってきたこともあり、今季最初から見せていた後半での運動量の落ち具合がより一層深刻に思える最近となっています。
これだけでもフィジカル押しのできる福岡が優勢だと思いますし、その上で岐阜は高さとフィジカルの面でもリーグ内で下位だと思っているので90分勝負では厳しいでしょう。
とはいえ岐阜のポゼッションからの崩しの能力自体は少なくとも前半45分に関してはリーグ屈指と評価しているので前半中に2点差以上を付けられるのなら岐阜の勝機もあると思いつつ、さすがにその可能性は低いということでここは福岡勝利に△です。


12.両者とも最後まで諦めず、集中して90分通してよく戦うチームですが、山形は決定力は高くなく、町田は守りきろうと思って守りきれない(正確には守りきる戦術は用いない)ので、やはり妥当と考えるべきは1-1か0-0の引分になるだろうという予想です。
というわけで引分に○です。


13.千葉は前節岐阜アウェイで6-4勝利と苦手なアウェイで勝利しており、その格好も元々私が指摘してきた今季の千葉の理想的なスタイルは3-2以上で勝ちきる、つまり失点はある程度以上織り込み済みでそれ以上に得点して勝利するスタイルで、それができるようにならないと本物にはなりえないとしていた形で見事に勝利しています。
ただ、大分はロングカウンターが得意であり、守備面での粘り強さもあります。
千葉はホームで非常に負けにくい、というか今季リーグ戦ではまだ負けなしの4勝5分のチームですが、大分は今季ホームで4勝4分2敗、アウェイで5勝1分4敗と黒星の数こそ多いですが勝利数からすれば決してアウェイを苦手としておらず、1試合平均得点ではホーム1.4に対してアウェイ1.5とむしろアウェイでの得点率の方が高いです(それでも黒星が多いのは失点率についてはホーム1.0に対しアウェイ1.2だからですが、これもそんなに大きな差とは言えません)。
また、いくらここまで千葉が今季ホームで負けていないからと言ってこのままこの超ハイライン戦術を採用していて最後までホーム無敗で終わる可能性は非常に低いはずでもあるというのもちょっと頭に入れてここは大分勝利を予想筆頭△とします。


当サイトはブログランキングに登録しております。
当サイトがご参考になりましたらクリックしていただけると恐悦至極でございます。
ブログランキング、にほんブログ村では他のtoto予想もご覧になれます(*´∀`*)
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 124
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あからさまな煽りコメントや暴言は禁止です。該当すると判断した場合予告なく削除致します。


第940回 toto 予想 仙台G大阪戦は仙台寄りも要検討!その他 ホーム無敗の千葉より大分を支持! toto ブックメーカー かかってこい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる