toto ブックメーカー かかってこい!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第971回 toto 予想 清水札幌戦は他会場とのキックオフ1時間差がドラマを生むかも!?

<<   作成日時 : 2017/11/16 11:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 92 / トラックバック 0 / コメント 6

画像



1.柏磐田戦
柏はACLギリギリ圏外の4位、磐田は6位ですが両者の勝ち点差は1しかなく、磐田にもまだ3位内可能性はあります。

柏は直近の天皇杯準々決勝では川崎を1-0で降しているものの、このところのリーグ戦では4試合未勝利2分2敗で連続引分中となっています。
磐田はリーグ前節マリノスを2-1で降し、リーグ戦はここ6試合負けなし3勝3分で勝利と引分が交互に続いていますが、残念ながら天皇杯は準々決勝でマリノスに0-1敗戦しています。
とまあ両者天皇杯とリーグ戦の成績がチグハグに噛み合っているようなところがありますが、あまり予想には関係ないですね。

どちらかというと大事な試合でモチベーションをしっかり上げるのが苦手なのは柏の方、
ただ一般的にポゼッションと言われる柏であり、球際バチバチ上等な磐田とは相性が悪そうなイメージもあるかもしれませんが、柏は強力な両サイドをベースにロングカウンターも得意なチームでもありますし、セットプレー攻撃力も高いです。

そんなわけで磐田勝利にはCB大井健太郎の存在が鍵になりそうだなと勝手に思っていたりします。特に今のところ怪我などの話もないので、多分順当にスタメンだと思いますが、今回はJ1はほぼ一斉開催なのでネット購入の場合はスタメン確認できますのでもし大井がいなければ磐田苦しいと思ったほうが良いと思います。

ただ普通に考えたら実力伯仲な試合になりそうで、両者最後まで引分は無し、勝ち点3勝負という気持ちと内容にはなると思うものの、それで引分がない試合でもないかなというところ。

非常に難しいですが、自分としては基本両天秤、磐田側のスタメンに何か異常があれば柏寄りのダブルかシングル勝負するかもしれません。
ちなみに柏は結構こういうタイミングでそこそこなスタメン変更をしてくることがやや多いチームでもありますので、柏側のスタメンが少しおかしかった場合はむしろ柏シングル買いする可能性のほうが高いです。



2.新潟甲府戦
最下位新潟ですが、リーグ戦ここ3試合2勝1分と好調、
甲府は残留圏ギリギリの15位、今節の新潟戦、次節の大宮戦とそんな中で下位相手が続くのでどちらかで勝ち点3をもぎ取れればかなり大きな残留への一歩となります。
そして次節相手の大宮は中断期間中に前鹿島監督の石井氏を新監督として招聘しているため、より計算しなければいけない勝ち点3は今節ということになります。

ただし、新潟甲府は両者ともに基本的にはロングカウンターなチームであり、なおかつ内容の良い試合ではプレスがハマっていることが多いので、結果互いになんだかチグハグな試合になりがちな予感がプンプンしたりしています。

そしてその結果互いに第一の狙いロングカウンターが機能しない場合、ボールを持てるほうがやや有利になるかなというところでは新潟の磯村、小川佳純はキープ力、展開力ともに高めなのでこちらに軍配が上がりそうな予感がやや強いです。

とはいえ、甲府は甲府でセットプレーを中心に十分得点の期待が持てる試合でもあり、これまた悩ましいところです。

結局は2点目を取り切れないとどちらにとっても苦しい試合になりそうなので、より2点目を取る意欲がありそうなチーム、つまりもはやとりあえず勝つしかない新潟の方がプレッシャーが少ない分可能性があるかなあ……という感じですかね。

とはいえ、実際にはなかなか複数点が挙がらないチームでもあるし、甲府は本当に勝ち点計算が得意なチームでもあるしで難しいところです。

というわけで新潟のスタメンに異常があれば甲府買い推奨、両者ガチなスタメンなら新潟と引分のダブルか、シングル勝負なら引分一本勝負でいかがでしょうか。



3.鳥栖F東京戦
鳥栖は9位、F東京は11位と両者ともにここから大きな順位変動可能性は非常に少なく消化試合となります。

ただシーズン前には優勝候補にも挙げられていたF東京と鳥栖とでは同じ消化試合でもモチベーションに温度差があってもおかしくありません。

鳥栖は消化試合であってもホームであり、クラブ規模で言えば一般的には上になるF東京が相手ですのでそれこそF東京のモチベーションが低いならとことん叩いてやろうという気概はあるでしょう。

F東京からは今のところやる気のない情報が多くあまり期待できませんが、明るい話題としてはDF森重が練習合流したというのがあります。
森重の復帰スタメンがあれば守備とセットプレー、つまり攻守両面でぐっと期待感が増しますが消化試合となってしまっている中で復帰を急がせる可能性は高くないだろうとも思われます。

たぶんF東京のモチベーションの低下ぶりは戦術云々以前の問題だと思いますので、ここは森重がスタメンではない前提で鳥栖シングルで行きます!



4.川崎G大阪戦
川崎DF車屋、G大阪GK東口、DF三浦弦太、MF井手口、倉田は代表ヨーロッパ遠征戻りになります。

川崎はリーグ戦前節の柏戦で両者得をしないピッチコンディションゲームとなり2-2引分、首位鹿島が勝利したため勝ち点差が開いてしまい消化試合数で1試合少ないものの鹿島と勝ち点7差となってしまい、リーグ制覇に向けてかなり厳しい状況に追い込まれてしまっています。
その上で11/4のルヴァン杯決勝にも敗れてしまったわけですが、だからこそ非常に少ない可能性であってもまだ残っているリーグ優勝可能性には全力を賭けて挑んでくることでしょう。
姿勢としては引分に終わったリーグ前節も敗れてしまったルヴァン杯も最後まで諦めず前向きなものでした。

G大阪は長谷川監督の今期をもっての退団を発表して以降勝ち星無しが続いています。
タイトル可能性もなく、選手たちの評価も来季新監督を迎えてからのゼロスタートとなると当然モチベーションが上がらないのも頷けます。
またここで勝っても鹿島の優勝をアシストするだけというのもちょっと複雑なところでしょう。もちろん川崎に勝ちをプレゼントするなんて考えもないでしょうが色々と難しいでしょう。

こういう場合、川崎はバランスを重視して大崩れしないサッカーをしていれば自然とG大阪が崩れてくれる公算が高いんですが、逆に肩肘張ってしまうとつまらないミスから失点しやすくなるようなところもあるでしょう。

しかしまあ川崎ホームですので、試合終盤の圧力を考えれば川崎○以上で良いんじゃないかなと思われます。



5.神戸広島戦
神戸は消化試合、広島は残留のため絶対に負けられない試合になります。
神戸が消化試合ということはある程度念頭に入れないといけないとは思いますが、天皇杯では準決勝まで勝ち残っているのでチームとしては気をぬるめないチーム作りに努めていることでしょう。
ただし、11/11の時点でポドルスキがふくらはぎと内転筋痛とのことなので、出場がかなり怪しめでもあります。またGKキム・スンギュも負傷との話もあります。

広島も10/31の段階でMF青山が詳細不明ながら負傷とのことなのでこちらの出場についても微妙かもしれません。

しかし当初広島の今季この終盤の怒濤の強豪とのカード目白押しは非常に不利と思っていましたが、今節神戸にポドルスキがいないということを前提にして、次節モチベだだ下がりのFC東京となるとかなり希望が見えてきている状況になったかなとも思います。

ですので広島は今節も執念を見せた戦いをするだろうと思われますが、神戸も監督交代以降はリーグ戦でほぼ負けがないのでポドルスキ不在だとしても簡単な試合にはなりにくいでしょう。

広島としては残留争いの直接のライバルとなる甲府の今節が気になるところですが、同時時刻開催なので慎重さを持ちながらも勝ち点3を目指す戦いになりやすいように思われます。

ただ監督交代以降の広島の攻守はあくまでシンプルなので、負けにくくなっている神戸相手に勝ちきるのもちょっと難しいように思えるためここは引分を本命視、もしポドルスキがスタメンなら神戸勝利と引分のダブルにしようかなと思います(その場合でも本命は引分と見ています)。



6.仙台大宮戦
大宮MFマテウスは今節出場停止です。

仙台はすでに残留が確定済み、大宮は現在降格圏の17位、残留ボーダーである甲府とは勝ち点4差なのでまだチャンスはあります。

仙台は先日渡邉晋監督の来季続投を発表、年月をかけてのチーム作りとなっていますが、着実にレベルは上がってきており、消化試合とはいえ選手たちにとっては来季の評価にも十分繋がるため手は抜けません。

残留に望みをかける大宮は前節後に監督の交代を発表。前鹿島で指揮を執った石井監督を招聘しての勝負となります。

石井新監督は今季途中まで鹿島を率いており、解任後も毎週鹿島戦をスタジアム観戦するなど今季のJ1の情報は十二分に把握しているため、たぶん今の大宮にとってはこれ以上ない人選だったと思います。

石井監督というと一昨年鹿島監督に就任した時にしっかりしたチーム内競争を煽り、練習から削りあいを解禁して成績を安定させているので、大宮にも同様に練習からビシビシ行くことでしょう(その一方で基本的には選手の自主性を尊重するえらい優しい監督でもありますけど)。

結局のところサッカーは球際勝負に勝るほうがより多く相手のチャンスを潰し、自分のチャンスにできるわけなのでちょっと今節の大宮には期待できるかなと思っています。

ただこれまでの大宮は早い段階で確率の高くないクロスボールを放り込んでしまいガチだったのも気になるところなので、それが継続される場合はチャンス数が多くなっても複数点の期待値は低いことになってしまいますが、中断期間も十分あったわけなのでやはりここは大宮に期待すべきでしょう。



7.マリノスC大阪戦
セレッソMF山口蛍、FW杉本健勇は代表帰りとなります。

5位マリノスと3位C大阪の対戦と、こちらもACL圏内をめぐる攻防戦になります。

セレッソ大阪は11/4に川崎とのルヴァン杯決勝を見事に制しクラブ初タイトルを獲得しています。

マリノスは怪我のため一時帰国していたFWウーゴが戻り11/14の時点で練習合流しています。

ウーゴが試合でも復帰してくるなら決定力のところで心強いですが、セレッソもついにタイトルを獲得したことで自信を手に入れたでしょうし、FW杉本は代表にも呼ばれ始めたことでロシアW杯に向けてモチベーションが高まっていることでしょう。

一方でやはり代表から戻ってきたばかりということで疲労だったり、起用されない可能性もあるのが不安ですが、両FW能力、DF能力を考慮するとウーゴと杉本健勇互いに五分ってところかなとも思いますので、このFW起用がされなかった方を買わない、もしくは両FWとも起用されれば引分で勝負という手があるかなと思います。

基本的には1対1の局面がわりと多いバチバチな戦いになると思われますので私は上記の通りで勝負に行きたいと思います。

今のところ両FWともスタメン可能性がそこそこありそうなので図上のマークは引分としておきます。
もしもダブルで考えるならルヴァン杯で1-0から終盤しっかり2点目を取ったセレッソかなとも考えています。



8.清水札幌戦
勝ち点31で14位の清水と勝ち点34で13位の札幌の対戦です。
清水は今節勝利すれば残留決定の可能性があり、札幌は今節勝利で残留が確定します。
いずれにせよ両者もちろん勝ち点3が欲しいですが、勝ち点1も貴重ではあるので展開次第では引分もやむなしという部分もある程度はあるでしょう(特に札幌は広島が敗れると無条件で残留確定だったりします)。

ということはわりと慎重な立ち上がりかと思うところもありますが、両者揃って昨季の昇格組、そして対戦成績は昨季のJ2での2試合、今季のルヴァン杯予選とリーグ第17節すべて札幌が勝利しておりこのカード4連勝中と実は札幌にとって相性抜群な相手になっています。

今季の2試合についてはいずれも1-0と札幌の辛勝、そしてルヴァン杯での勝利は今季アウェイ戦の中で非常に貴重な勝利になっていますが、シュート5本被シュート11とやはり苦手な中での勝利でもあった感じになっています。

ただ今季の清水はサイドを突破されてのクロスに異様に弱い場面が散見されており、そこからすると札幌は自信を持って戦いやすいだろうなというのも想像できます。
清水の生命線は基本的に前からの守備にあると私は思っていますが、札幌はわりかしシンプルなサッカーですし、そこに今季後半戦からはチャナティップの高め位置からの持ち上がりが加わっており清水にとっては嫌な相手でしょう(小林監督からすればチャナティップのところで奪いたいところでもありますが、チャナティップはボールロスト率低いです)。

というわけで今節がもしも札幌ホームなら間違いなく札幌を本命視という試合ですが、実際には清水ホームなのでちょっと不安がつきまとってしまいますし、神戸広島戦で例えば前半終わった時点で神戸が2点差とか3点差でリードしていたりするとこの清水札幌戦は他会場よりも1時間開始時間が遅いのでその情報をチームはキックオフ前に知る可能性もあり、またつまりはこの試合のハーフタイム時間には札幌の残留が確定してしまう可能性もあります。

もしハーフタイム段階で札幌の残留が確定する場合、やはり緊張の糸が切れる可能性は高そうですし、清水にとっては広島が今節負けて自分たちが勝利すれば札幌と揃って残留確定ですので俄然やる気が出てきちゃうでしょう。
そんなわけでこの試合の予想は神戸広島戦とある程度セットで考えるべきでしょう。

今のところ私の予想では神戸広島戦は拮抗としているので、札幌が自力残留を決めに行くという方向になるため、予想筆頭は札幌勝利ということになります。



9.湘南町田戦
湘南は優勝を決めた試合を含め以降前節まで3試合連続未勝利2分1敗、
町田は前節山口に0-1敗戦し連続未勝利が10試合続いていての2連敗中となっています。

湘南のモチベが気になる人もいると思いますが、最終節でのホームゲームですので問題ないと思われます。

湘南はちょっと勝ち星は遠のいていますが継続的に得点はできており、町田は失点続き、両チームよくファイトする良いチームですがここは湘南が力押しで勝てるでしょう。
特筆するべきことは特になく湘南本命○で良いと思います。



10.岡山福岡戦
岡山にとっては消化試合の最終節、
3位福岡は勝っても3位は変わらず、負けても4位までは保証されています。
とはいえ、昇格プレーオフは引分の場合リーグ戦順位上位が勝ち抜けになる為、勝ちにこだわる理由はあります。
ただ今季の福岡はちょっと得点力での爆発が見られなかった為、もしかするとこの試合では勝ち以上に複数得点にこだわる可能性もあるかもしれません。

岡山は今季終盤に4連敗などもあり大失速してしまいましたが前節は昇格に望みが残っていた横浜FCに先制を許しながらも後半ATにGKも上がっての攻撃で見事に同点引分に持ち込み横浜FCの昇格可能性を絶っているので消化試合とはいえ簡単にはやらせないでしょう。

が、福岡の前節の攻勢具合が良かったので今節は引き離す得点も期待できそうなので終盤岡山が押し込んできても耐えきれると予想しここは福岡勝利を予想筆頭とします。



11.千葉横浜FC戦
千葉は今節勝利すれば他会場次第では昇格プレーオフ進出決定、
横浜FCは前節引き分けたことで今季の昇格プレーオフ進出可能性を絶たれています。

千葉は前節苦手のアウェイで自動昇格が懸かっていた名古屋を相手に3-0勝利したのはかなり大きな自信になったと思います。

横浜FCは残念無念な前節でしたがここに来てレドミがかなり好調に見えるのが千葉にとっては怖いところ。
イバも含めてミドルのあるチームですからボールを奪われてそくゴールを狙われるとGKが前に出ていることの多い千葉ならではの脆さが出てしまう可能性はそこそこあります。

横浜FCも自分たちのプレーオフ進出が絶たれたからこそ、千葉の芽も摘んでやろうという気概はあるとは思いますが、正直こうなってくると余計に新監督を迎えたことが裏目に出る可能性の方が高いようにも思えます(憶測ですけど)。

どちらにせよ、今季の千葉はツキがありますし、得意のホームでもあるのでここは買い目はまあ千葉勝利でしょう。
ただし、上述の通り、特にレドミにはいい感じのループミドルシュートがあるので横浜FCが華麗に先制、追加点と決め、焦る千葉にさらにとどめを刺すシナリオもあるので、穴を狙う方は横浜FC勝負面白いと思います。
ブックメーカーでもオッズ次第では横浜FCで勝負すべきところでしょう。



12.東京V徳島戦
ヴェルディDF井林は今節出場停止です。

互いに勝ち点67で並ぶ6位ヴェルディと5位徳島、
両者ともに昇格プレーオフ圏内、両者引き分けでも負けでも圏内維持の可能性はありますが、当然負けで生き残れる可能性は両者ともに低く、徳島は得失点差ではかなり有利な立場なので引分でもプレーオフ進出は実質確定レベルです。

内容的には試合開始早々に徳島の崩しがハマる可能性は結構高そうなものの、90分通すとヴェルディのカウンターに徳島が悩まされる場面が多くなりそうです。

ただそれでも徳島にとっては前節相手の大分よりはカウンターの怖さは低いかなとも思います。

シナリオ的には0-0膠着状態が続く場合は普段通りのサッカーであれば徳島は前での守備、ポゼッションに固執するのでむしろヴェルディが一撃かませる可能性が高いでしょう。
なので徳島が普段通りのサッカーをした上にある程度以上ヴェルディのゴールを割るのに苦戦すると考えるならヴェルディが買い目、

しかし徳島は引分でもプレーオフ進出可能性が高いので(8位千葉と勝ち点2差なので引分の場合で千葉が勝利した場合勝ち点が並びますが得失点差で16点リードしています)膠着状態上等なポゼッションをするようなら東京Vとしては他会場の状況も気になるしでメンタル的に非常に難しくなりそうです(東京Vは今節引分の場合、松本が勝利すると昇格圏外行き、松本が負けか引き分けて尚且つ千葉が勝利した場合は勝ち点で並びますが得失点差で3点上回っているので千葉が2点差までの勝利ならヴェルディが圏内維持となります。その他7位松本と8位千葉がいずれも敗れれば徳島ヴェルディはいずれもプレーオフ圏内維持となります)。

徳島は攻撃的ポゼッションなチームなので自陣でのボール回しがそこまで強いわけではありませんが、あくまでポゼッションなチームなので割り切るならやってやれないことはないでしょう。
ただその選択をしてくる可能性はちょっと未知数でもありますが、1点でも先行すればやりだしておかしくないですし、リードして終盤を迎えたらそれが顕著になる可能性は非常に高いでしょう。なんせ引分でも事実上プレーオフは決まるわけですから。

というわけで状況的にはアウェイの徳島の方が選択肢が多いので地味に有利です。
他会場は気にせず勝ち点3だけを考えろとヴェルディの選手たちは言われるでしょうかれど今の時代にそれはなかなか難しいでしょう。

つまりここは引分と徳島マークが無難ってことになります。



13.松本京都戦
松本は5位6位と勝ち点1差の7位ですが、その勝ち点が並ぶ5位と6位が今節直接対決なので今節京都に勝利できれば昇格プレーオフ進出が確定します。

京都については前節結構期待していたのですが、攻撃については悪くはなかったものの守備面で思いの外な不安定ぶりでした。
おそらく消化試合が為の守備軽視があったと思います。

基本的には両チームソリッドなわけですが、松本は引分でも昇格可能性はあるものの勝てば確定なわけなので、今季目立っている前に行き過ぎてバランスを崩して失点してしまうパターンをこの試合でもやってしまう可能性はそこそこあるような気がします。
その他にも1点リードで終盤、といっても残り20分程度以上ある段階で守りに走ってしまうと京都は良い意味でも悪い意味でも常にゴールを狙うベテラン大黒がいるので非常に怖いと思われます。

とはいえ松本ホームです。最終節です。プレーオフ進出可能性は勝てば確実なわけです。
サポーターの応援ぶりはただでさえリーグ屈指なわけですから相当な雰囲気になることでしょう。

京都は消化試合な為、攻撃重視になりがちであり、松本はこのところ複数得点を挙げることは少ないですが良い攻撃ができていないわけではありません。

ということで確率的にはやっぱり松本勝利が本命視ということになるでしょう。
ただtotoではゲン担ぎの意味も込めて松本サポーターがこぞって松本勝利を押さえていそうなので、実際の可能性よりもオッズ的なうまみは低いかもしれません。

京都が早々に複数失点してしまうとアレですが、1点差まででの終盤になると考えるなら大黒がやはり怖いし、書くのを忘れていましたが負傷離脱していた闘莉王も前節後半途中から復帰出場しているので案外松本が勝ちきるのは難しいかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 92
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟はまだ降格決定ではありません。
ゆうとん
2017/11/16 19:55
>>ゆうとんさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りでした。
当該試合予想時に鹿島の消化試合数を見ていたのが原因で勘違いしてしまいました。
大変失礼致しました。訂正してお詫びいたします。申し訳ありませんm(__)m
アルファ(管理人)
2017/11/16 20:27
こんばんは😃🌃今日の試合でついに新潟の降格が決まってしまいましたね
あと2戦で全てに決着が着きますが、川崎の逆転優勝と大宮の残留に期待してます
totoはとゆうと、一応今の所無傷で初日を終えました ただJ2がかなり一か八かの勝負になってるので勝算は弱いです
しかし、このチャンスは活かしたい❗️
toto之介
2017/11/19 01:23
>>toto之介さん
こんにちは、コメントありがとうございます(*´ω`*)
新潟ようやく強くなってきたので残念無念でしたね><

私も川崎にタイトルを取ってほしいと思っています。ただ鹿島が最終節を前にして逃げ切れる立場にいるので難しそうですよねー。
大宮は残り2試合で残留圏と勝ち点6差、得失点差マイナス10……これは厳しいですね(;´Д`)

無傷での初日突破おめでとうございます!
一か八かでも無傷で2日目迎えていれば間違いなくチャンスです!!
あたれ〜〜ヽ(=´▽`=)ノ
アルファ(管理人)
2017/11/19 15:26
こんばんは😃🌃今、東京V×徳島の試合を見ていました 徳島は千葉が勝った為POをあと一歩の所で逃す事になりました
私も湘南と福岡が揃って引き分けた為3等すら逃す事になりました(T_T)
無念です💦初日と2日目のバランスって難しいなぁ 次のtotoはJ3も絡んで来るので手強いですけど次も頑張りましょう😃
toto之介
2017/11/19 18:34
>>toto之介
湘南福岡ともに引き分けてしまいましたね。残念です(/_;)
しかしJ2最終節は見応えありましたねー。
千葉の滑り込みプレーオフ進出、松本まさかのホームで転びプレーオフ進出ならず。
降格圏争いでは熊本と山口が揃ってほぼ同時に先制ゴールを挙げ、終盤にそれぞれ失点も山口は引分止まりで勝ち点+1、熊本は逆転負けなんてのもなかなかのドラマでした!

ちょっと今週は水曜日まで完全に予想できない環境になってしまうのでどこまでできるかわかりませんが、残り少ないですしがんばりますヽ(=´▽`=)ノ
アルファ(管理人)
2017/11/20 00:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あからさまな煽りコメントや暴言は禁止です。該当すると判断した場合予告なく削除致します。


第971回 toto 予想 清水札幌戦は他会場とのキックオフ1時間差がドラマを生むかも!? toto ブックメーカー かかってこい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる