アクセスランキング

toto ブックメーカー かかってこい!

アクセスカウンタ

ご訪問いただき有り難うございます(*´∀`*)
当サイトはブログランキングに登録しております。当サイトがご参考になりましたら、
もしくは他のtoto予想をご覧になりたい方は以下のアイコンのクリックをお願い致しますヽ(=´▽`=)ノ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

zoom RSS 第974回 toto 予想 F東京G大阪の次期監督ダービー(?)はF東京勝利と予想!

<<   作成日時 : 2017/11/30 03:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 102 / トラックバック 0 / コメント 3

ついにJ1最終節です。
今期最後だからこそJ3はともかくJ1は9/9を本気で目指したいところです。
が、本気で目指すからこそやや過剰な憶測にもなりがちかもしれません。
その結果大爆死もあると思いますが、そこを恐れていても仕方ないので今節はそれなりにアグレッシブに攻めようかなと思います。


画像



1.浦和マリノス戦
マリノスMF喜田、天野、マルティノスは今節出場停止です。

浦和はACLを制したことでクラブW杯への出場が決定。日本時間12/10にアルジャジーラ対オークランドシティ戦の勝者との対戦が決まっています。
それまでの日程ですが、ACL決勝から中3日でJリーグ第33節川崎戦、それから中2日で今節という過密日程になっています。

クラブW杯で1勝すればレアル・マドリーとの対戦が実現するわけですから、ここは戦力温存、調整試合という位置づけというのが正直なところでしょう。
とすればマリノス優勢と考えても良いところです。

ただ、ミシャ監督退任後の浦和はポゼッションに重きを置かないカウンターサッカーで結果が出ていることしかり、特に新潟から加入してきているラファエル・シルバにとってはある意味今まで通りのサッカーに近いこともあってチームとしてハマっている感があります。

マリノスも今はカウンターベースのチームですので、今節は互いにやや後重心で決め手に欠ける展開がある程度予想されるため、浦和が調整の意味を持っていてもマリノスの怪我人(齋藤学)、出停者を考慮すれば引分を本命とすべきでしょう。
その上で次点はやはり調整の意味を持つ浦和よりもマリノスとするのが妥当かなと思われます。



2.F東京G大阪戦
F東京は前節久保建英が途中交代でJ1デビュー、怪我で離脱していたものの練習に合流した森重、石川は揃ってベンチ外とちょっと来季を見据えたようなところがあった前節でしたが、結局広島に1-2敗戦とやはり今季はもう完全に消化試合モードとなっています。

G大阪も前節札幌に0-1敗戦し公式戦連続未勝利を12に伸ばしており、こちらも消化試合モードが抜けません。

低調なチーム同士の対戦になりますが、今節はF東京としては石川の引退試合でもあり、また対戦相手のG大阪長谷川監督は来季の新監督でもあるため、G大阪よりもF東京にとっては大事な試合と言えるでしょう。
ですので、DF森重の復帰可能性も高いのではと個人的には考えています。

であれば、互いにちょっと中途半端な攻守になっているこの頃ですが、F東京の本来の堅守はある程度復活、その上で攻撃はチグハグが継続するかもしれませんが、守備のチグハグがG大阪で継続する可能性が高い分、決着としてF東京勝利で終わる可能性が高いのではと考えます。



3.神戸清水戦
神戸MFニウトンは今節出場停止です。

両者とも前節の試合の入りは上々の出来でしたが、どちらも逆転負けを喫しています。

清水は今節勝利できれば残留となりますが、引分の場合、甲府が勝利してしまうと勝ち点で並び、得失点差では不利な立場な為、降格となってしまいます。
このため必要なのは勝利のみです。結果として負けても甲府が引分以下なら残留なので、やっぱり勝ち点3のみを考えるべき試合と言えるでしょう。

ただし清水は前節も新潟相手に前半2-0と完全に有利な状況におりながら、前半飛ばしすぎたこともあり、おそらく勝てば残留確定可能性が高かったこともあり、後半開始から引きすぎてしまったのがありありと出てしまい、本来目指すべき前線と後方が連動しての前からの守備が発揮できなくなり、また最終ラインはつなぐことを捨てクリアに専念してしまったことで新潟の多重攻撃を受けるはめとなってしまい後半3失点で逆転を許してしまいましたが、こうした流れは今季通じて清水に起こっていることでもあります。
また現在故障を抱えながら出場している選手も多く、DF鎌田は前節靭帯損傷で途中交代となってしまっているなど、野戦病院化もしています。

神戸は神戸でちょっとポドルスキの使い方がハッキリしないようなところがあり、前節は時間経過とともにC大阪に押されるままとなってしまいましたが、DF岩波を中心に踏ん張る場面も多くあり、結局はC大阪の清武、柿谷を中心としたコンビネーションと、杉本、マテイ・ヨニッチらの高さに屈してしまいましたが、清水は鄭大世のコンディションもギリギリで尚且つそのギリギリの鄭大世のフィジカルに頼らないと前線でなかなか収められないということもあり、であれば岩波で我慢しきれる可能性が高いだろうということで、ここはちょっと非情かもしれませんが、神戸があまりにやる気がない場合を除いて清水不利と判断、予想筆頭として神戸勝利を挙げることにします。



4.札幌鳥栖戦
鳥栖MF原川は今節出場停止です。

鳥栖はJ1随一のハードワークチームではありますが、札幌は残留確定しつつも1定着に向けて士気は高く見えます。

苦手のアウェイ戦を相手の士気の関係も手伝って克服してきた印象のある札幌ですが、今節は得意のホームでもあります。
また、鳥栖はその逆で今季通じてアウェイは苦手なままな印象が強いです。

互いに消化試合であるからこそ、失うものはなにもなく、であればそのまま得意不得意が出る可能性が強いということでここは札幌を予想筆頭とします。



5.甲府仙台戦
甲府はこの試合勝利したとしても他力での残留可能性があるという状況ですが、勝利以外では降格確定でもあります。
ひとつ上の清水の結果次第ではありますが、清水が引分以下で甲府が勝利すれば残留ですので前節終わりの監督のコメント通り、やるべきことは明確ですので戦いやすいといえば戦いやすいでしょう。

仙台は前節マリノスと2-2引分と悪くない結果、内容を消化試合でも続けていますが前節終わりのコメントからすると言葉としては油断はないつもりでもやっぱり前節ホーム最終戦を消化してちょっとすでにシーズンオフな雰囲気であるようなところも否めず、ある意味リラックスして臨める今節ではありますが、甲府はリンスの調子が明らかに良さそうでもあり、大量点は望めないものの1点というところではある程度以上の期待は持てると思っています。

そして今節はその1点が勝敗を決する可能性が高く、仙台は良いコンビネーションが構築されてきているとはいえ、甲府の5バック相手にはどうだろうというところも感じるので、ここは甲府が固くなってしまってミドルで一発やられてしまうかもというのも考慮して引分が予想筆頭、次点は甲府勝利という形で勝負です。
3通り押さえるならこの試合でもあるなあと思いつつも一応筆頭ダブルはこの形で押さえておきます。



6.磐田鹿島戦
磐田DF櫻内は今節出場停止です。

磐田は前節アウェイで鳥栖に2-0勝利、鹿島は勝てば優勝という試合が前節から続いていますが主導権は握っているものの柏と0-0引分に終わっています。

磐田もリーグ屈指のハードワークチームですし、中村俊輔のキックも健在でタフなチームですが、内容的には鹿島は前節の柏戦と似た格好になるんじゃないかなと考えています(前節柏はプレッシング主体を狙っていましたが鹿島がそれを上回る前からのプレスで主導権を握りました)。
柏は後半ほぼ押される一方な展開となり、繋いで運ぶことが出来ずクリアからのカウンターに賭けるしかなくなる展開となり、結果前線から降りてきてボールを受けポゼッションを安定させる存在である中川寛斗が完全に消えてしまいました。
武富を投入してカウンターの一発狙いを明確にした柏でしたがそれも通用したとは言えず、0-0ながらも鹿島の強さが目立った試合だったと思います。

とはいえ、このところシュート本数の割りにゴールが割れていない鹿島であり、磐田にはGKカミンスキーがいるというのが不安点になりますが、やはりリードさえ奪えれば鹿島は堅いチームですし、前節のアグレッシブさが今節も出せれば序盤から主導権を握るのも鹿島でしょうということでここは鹿島勝利を予想筆頭とします。



7.柏広島戦
柏はひとつ上の予想で書いた通りの前節でしたが、個人的には内容が悪いというよりも鹿島が強かったという印象のほうが強いです。D・オリヴェイラ、クリスティアーノ、伊東純也という3本の矢みたいなカウンターでそれぞれ単独でも決めきれる存在もいて、中川寛斗のような安定剤もいる攻撃陣は幅広い戦術選択が可能ですし、このところ1勝3分と決して勝ち星先行ではないもののここ数試合で内容は向上してきているという印象が強いです。

リーグ戦順位的にはACL圏内可能性がなくなってしまったわけですが、広島も前節勝利したことで残留を確定させているのでモチベーション的にはホーム最終節である柏の方が高いんじゃないかなと考えています。

広島も前節なんかはかなり選手たちの自信も回復してきたような、良い意味で肩の力の抜けたサッカーを攻守で見せてくれたと思います。
ただクオリティの相対的な上がり幅は柏の方が良さそうでもあるので、この試合は柏勝利を予想筆頭とします。



8.川崎大宮戦
川崎は水曜日に浦和と第33節を消化して1-0勝利、見事優勝の可能性をこの最終節まで残しています。

大宮は前節甲府と0-0引分に終わったため降格が確定しています。

大宮の内容は確実に上向いてきているとも思いますし、川崎は過密日程ということもあります。
ただ大宮はやはり可能性の低いアーリークロスを多用する傾向が強く、やはり勝利確率は低いでしょう。

川崎は水曜日の浦和戦で1-0とした後の後半、追加点を狙いに行くよりも勝利に徹しようとしていたのが厳しいようですが個人的にはネガティブポイントでもあります。
結果失点はしなかったものの、ファーサイドに上がっていた浦和槙野に対するアーリークロスがケアしきれずフリーでヘディングを許したシーンなど追いつかれていても不思議ではありませんでしたし、1-0に徹しているはずなのに途中交代で入ったFW森本が前でキープせずあっさりミドルを狙っていった場面などからはちょっと鹿島との勝者のメンタリティの差を感じるところでもありました。

また全体的に後ろでキープしつつ、最前線小林悠の前、つまりはセンター裏を一発狙いのパスが目立っていましたが、小林悠は降りてきて貰おうとする動きが多く、ちょっと守備陣と攻撃陣の間での意識の乖離があるようにも思えました。
鬼木監督は大事な試合で中村憲剛を下げるという愚行はなくなりましたが、まだちょっとビビりなところもあるのかなと勘ぐってしまう内容だったと思います。

以上のように優勝可能性が残っているからこその危うさが川崎にはありますし、浦和が見せたファーサイド狙いのアーリークロスはおそらく大宮も狙ってくることになるでしょう。
ただ、やはり総合的な練度、各個人の能力からすればそれでも川崎勝利が予想筆頭になるでしょう。
ただ穴狙いも少しおもしろいかもしれません。



9.新潟C大阪戦
新潟は降格が決まっているにも関わらずFWホニのやる気は落ちず、終盤ここに来て怒涛の3連勝中となっています。

ただし対するセレッソは現在公式戦怒濤の8連勝中、リーグ順位は現実的に見て3位確定となっており、アウェイ戦でもあるので消化試合に近い側面もありますし、実際ここ2試合連続で先制を許すなど試合の入りは決して良くはありません。

ただそれを補って余りあるソリッドな強さを誇っており、代表に定着し始めた杉本のモチベーションは高いままですし、復帰してきた清武のコンディションも上がってきており、柿谷とのザックジャパン時を髣髴とさせるような前線でのコンビネーションでの崩しも見せるなど、多彩な得点パターンとなっています(セットプレーで連続得点中のマテイヨニッチにも注目)。

そんなわけで先制可能性やもしかすると2点くらいまでは新潟にもあると思う一方、やっぱり90分終わってみればセレッソの貫禄勝ちという展開がやや堅めでしょう(セレッソがあまりにやる気がなかった場合はさすがにアレですが……)。



さてJ3予想ですが、やっぱりJ3は難しいので、あっさり予想+ダブルてんこ盛りでいっちゃいます。

前節は優勝を争う上位3チームが揃って勝ち星を掴めず、結果引分で勝ち点1を積んだ栃木が首位に返り咲いていますが相変わらず3位まで勝ち点1差内での戦いになっています。

それでもって沼津栃木の1位2位直接対決とはまた凄い最終節になりました。
つまり栃木にとっては引分でも昇格確定という試合でもあります。
両者基本守備なチームですし、前節は互いに0-0引分に終わってもいますので、ここに来て引分でも昇格確定という栃木のアドバンテージは結構大きいと思います。

なのでこの首位攻防戦は引分も押さえつつの栃木勝利のダブルでどうでしょう。


琉球富山戦は互いに勝ち点47で並ぶ6位7位の対戦となります。
富山はこのところ勝ち星がなく黒星先行な成績ですが、アウェイ戦だけで考えるとそこまで悪いとも言えず、ただ琉球はホームではあまり負けないチームでもあるので、引分を本命視しつつ琉球とのダブルを選択です。


長野北九州は正直言って全然読めません。
ただ北九州は前節沼津と0-0引分とそれまでちょっと続いた殴り合いの試合から一変、おとなしくなってしまいました。

というか、そういえばこの対戦カードは前節の栃木、沼津の相手同士なのでこの両者も前節は互いに0-0引分ってことになります。
で、やっぱり栃木戦と少し似た考えになるのですが、ソリッドなサッカーなら長野のほうが得意でもあるのでこの試合も引分を押さえつつの長野勝利とのダブルでいかがでしょうか。


鳥取秋田戦
最下位鳥取は前節富山と1-1引分、
3位秋田は前節藤枝に0-3敗戦と前節の結果からすれば鳥取に可能性も感じる今節ではありますが、やはり秋田は勝利すれば優勝可能性があり、裏を返せば勝ち以外では優勝可能性はない(他会場が1位2位直接対決なので)わけですので、ここはもう戦術云々ではなく秋田でしょうというお粗末な予想になります。

J2以上ならまず引分はほぼないと思うべき試合でもありますが、J3なのでその辺もあまり強くは言えないところでもあります。


当サイトはブログランキングに登録しております。
当サイトがご参考になりましたらクリックしていただけると恐悦至極でございます。
ブログランキング、にほんブログ村では他のtoto予想もご覧になれます(*´∀`*)
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 102
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは😃🌃いよいよ大詰めですね〜
これが終れば海外totoが待ってますがなんとか最終節で1等、せめて2等を当てたい所です(毎度の事ですが)(笑)
アルファさんの気合いも伝わって来たところで景気良く当てちゃいましょう❗️
toto之介
2017/12/01 23:58
アルファさんこんにちは。
ブックメーカーのオッズの算出方法を教えて頂きたいのですが。
ブックメーカーのオッズを見て、時々これは「?」と思う事が有るので。
宜しくお願い致します。
kaz
2017/12/07 08:51
>>toto之介さん
気合は入っていましたが残念ながら爆死でした。
マーク多めにしたもののこういう発言するとJ3の方がハズレ無しという皮肉な結果に(笑)
海外totoには慣れるまでに時間がかかりそうですが、なんとかアジャストしていきたいと思います。
いつも応援ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ

>>kazさん
ブックメーカーのオッズというと、主に一番最初に出されるオッズについてってことですよね? 算出方法は確か明らかにされていなかったと思います。
が、個人的な経験則ではどちらかというと現在順位以上に過去直接対決の戦績とホーム・アウェイの今季戦績が強めに反映されていると思っています。
もちろん超強力なキーマンがいるチームの場合はその選手の出場停止や怪我が大きなファクターになるかと。

ちなみにシーズン終盤になってくると順位そのままと今期のここまでの連勝連敗、無敗状況が大きく関わりだすので結果うまみのあるオッズが出る頻度は減ってくるという印象ですね。

私も結構これは??となるオッズがありますが、基本的にはそういうオッズこそ勝負すべきオッズなので何か重要な情報で見落としているものがないか(例えば怪我)をチェックしておそらくオッズ根拠はこれだろうという情報を見つけた上で、自分が決め手としている情報(読み)とかぶっていなければその試合は勝負試合だと思っています。
アルファ(管理人)
2017/12/08 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あからさまな煽りコメントや暴言は禁止です。該当すると判断した場合予告なく削除致します。


第974回 toto 予想 F東京G大阪の次期監督ダービー(?)はF東京勝利と予想! toto ブックメーカー かかってこい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる