toto ブックメーカー かかってこい!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第989回 toto 予想 ダメダメの前回予想も今回も懲りずシングル予想!

<<   作成日時 : 2018/03/02 01:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 1

また来週は寒くなるみたいですが、めっきり春めいてきてまさにJリーグの季節を感じる今日このごろですね!
前回の開幕戦は予想師としてダダスベリだったわけですが、残念ながら今週もあまり時間がとれず、急ぎ足で記事を書くことになってしまっています。

シーズン始まって間もないということもあり、ざっと開幕戦の感想をベースに今週のマークをしていきます。

画像



1.名古屋はジョーがいきなり想像以上の出来。シャビエルもカテゴリーが変わってもとんでもなく危険な存在ということが判明。ブラジル勢はもっと暖かくなってからという通説を覆しすでに出来上がってる感満載です。
守備についてはやはり不安が多いというのは予想通りですが、シャビエルはプレースキッカーとしても一流なので守備不安以上にセットプレーでしっかり得点が奪えるという強みがあって、流れの中ではシャビエル、ジョーがいる為、1点や2点程度のビハインドはいつでもひっくり返せそうです。
G大阪も決して悪くなく、惜しむらくはファンウィジョが自分でシュートを打ちに行き過ぎるところなわけですが、これは昨季から一貫してそうなので、簡単には解決しなさそうというか、彼の個性なんだろうと思われます。こういうタイプの選手は決める時はバンバン決めるわけですが、決まらない時はどんどん意固地になっていくので予想屋としては計算しにくく困った存在です。



磐田は今季公式戦でまだ勝ち星がなかった川崎が相手ということでちょっと型にはめすぎようとしたような印象があるというか、川崎が大久保を使ってこなかったことで肩透かしを食らったような印象があります。逆に川崎は大久保をスタメンから外したことでうまく肩の力が抜けたような感じですね。本来の強さが戻ってきており、とりあえず短期的には不安は少なそうに思いました。


というわけで今週の名古屋磐田戦ですが、名古屋を止めるには磐田はかなりアグレッシブに行かなければならず、もちろんカウンターからのチャンスは十分あるとは思いますが、1点では止まらないであろう名古屋ということでシングルマークなら名古屋になってしまうなあといったところでしょう。


2.F東京もすでに長谷川監督の色に結構染まっているというか、馴染んでいる印象が強かったです。その上で前田、D・オリヴェイラとポストプレーを得意とするタイプの選手を2トップ起用していたのは面白いと同時に長谷川監督のやり方にはマッチしていると思われます。G大阪にも毎年非常に期待値の高い若手が出てきていましたがF東京にも久保君を筆頭に面白い存在は複数いたりして、総合的な選手層からするとG大阪よりもF東京の方が長谷川監督の良さを発揮できそうな、そういう期待は持たせてくれたと思います(G大阪とどちらが強いかとかではなく、あくまで長谷川監督にとって――という意味です。誤解なされぬよう)。

仙台は非常にいいスタートを切りました。開幕戦予想時でどこを相手にしても勝てるサッカーであると同時にどこを相手でも負ける可能性もあると書きましたが、まさにそういうサッカーだったと思います。

ただF東京長谷川監督のサッカーは隙きはあっても大きくはなく、前線に2枚のポストプレーヤーかつ得点力もあるD・オリヴェイラがその一角ということを考えると今節は純粋な力勝負になりそうで、であればF東京が有利だろうという考えになります。



3.鹿島は清水と0-0引分。清水はPKを1本失敗していますから、どちらかというと鹿島の負けゲームに近かったと思います。が、鹿島が悪かったというよりは清水を褒めるべきだろうという内容でもあり、しいて言えばちょっと鹿島からは昨シーズンからの変化や進化があまり感じられなかったかなという感想です。

今シーズンのG大阪は(今のところ決定力の高くない)攻撃サッカーなので、今節については鹿島が昨シーズンからレベルアップしていなくとも得点はできる可能性は高めでしょう。そして一度リードさえ奪えば譲らないのが鹿島でもあるはずです。
開幕負けているだけにG大阪に先制点を奪われてしまった場合のメンタルが多少心配ではありますが、メンタルでやられなければ今季のG大阪からは今のところ逆転できる可能性もそう低くはないだろうということで、シングルマークは鹿島にしました。



4.ちょっと神戸鳥栖戦はあまり観れていないのですが、神戸云々を抜きにして前節の清水が非常に良かったことを重要視。決定力については不安要素もあるといえばありますが、それ以外については攻守両面非常にバランスが良く、ハイクオリティだったと思います。
というわけでシンプルですがここは清水に期待します。



5.長崎は前節湘南に先制されながらも(少なくともJ2レベルでは)得意のセットプレーで一時同点に追いつくも、同じくセットプレーから少しもったいない形で再び勝ち越しを許してしまい敗戦。初のJ1での試合内容としては悪くない、むしろ手応えを感じてもいいくらいですが、相手の湘南は昨季長崎と同じくJ2だったということも見過ごせず、やはり厳しいシーズンになるだろうことが予想されます。
ただ今節の相手は鳥栖ということで九州ダービーであり、しかも隣県という近さ、さらに公式戦初顔合わせです。
これは熱い試合になる可能性大でしょう。
そしてダービーというとこれまで書いてきている通りに私の持論は”シーズン中調子が悪いほうがむしろ勝つ”です。
まだ開幕したてなのでシーズン中というほどに流れは出来ていませんが、前節の出来で長崎が今シーズン厳しいだろうことが強く予想されるため、一般的な劣勢は長崎、ならばこのダービーはむしろ長崎贔屓で考えます。
そして鳥栖は基本的にホームで強く、アウェイで弱いチームでもあるため、ホームの長崎が有利。しかしここにもダービー補正を入れると……、結局引分が落とし所かなという感じ。
まあダービーなのでちょっとお気楽予想です(;´∀`)



6.浦和の開幕戦も鹿島と似た感想です。すなわち、昨季とあまり変わりはないというところですが、ボール回しのスピードはやや上がっているような印象もあります。まあ鹿島同様に元々のベースが強いので変わらないのは悪いというよりむしろ良いとも言えますがリーグ制覇までとなるとプラスアルファが欲しいかなといった感じでしょうか。

広島は開幕戦で現ミシャサッカーの札幌と当たり、今度は前ミシャサッカーの浦和です。
札幌に勝つには勝った広島ですが、内容としては個人的には札幌の方が良かったと思っています。
ただ札幌に足りなかったのはセットプレーの力強さで、そういえばミシャ監督は浦和でもセットプレーの力強さは物足りなかったことを思い出しました。
そして浦和は堀監督となってからセットプレーの力強さは増しており、開幕戦もコーナーキックから追いついてのドローとなっています(多少運が良かったセットプレーとも思えますが)。

つまり広島は2週続けてミシャサッカーを相手にし、前回の札幌戦では札幌にセットプレーの迫力がなかったので勝てた。しかし今節の浦和はミシャサッカーをベースにセットプレーにも力を入れているのでここは浦和勝利を本命視するということになります。



7.甲府は前節今季甲府と同じくしてJ2に降格した大宮と対戦し1-2敗戦。
昨季のJ1チームが相手ではありましたが、昨季までの守備偏重カウンター重視というサッカーというよりもポゼッションを重視したサッカーになったように思います。
おそらくJ1では複数得点の可能性が低かったから守備偏重にならざるをえず、しかしJ2ではそうではないという気持ちの現われなのかもしれないと考えています。

ヴェルディは前節相手の千葉が前半早々に退場者を出し、2-1勝利していますが長い時間で数的有利に戦ったわりには苦戦したとも言えるでしょう。
ただ千葉のハイラインハイプレスサッカーは数的不利の影響が出にくく(ハイラインによってデッドスペースが広くなるので人数が少なくても影響が少ない)、それに加えて数的不利になったことでむしろ千葉の集中力が上がったことも考えられます。

甲府はハイラインではないのでヴェルディは前節のような縦一発で中央裏のスペースに抜けていくような場面はあまり創れず、結局ややロングボール、クロスでの攻勢となり、甲府は前節途中出場のジュニオールバホスがかなりいい動き、アクセントをつけていたので彼をスタメンにして前節よりはアグレッシブに来るだろうことが予想されます。

その場合若干有利なのは甲府になるんじゃないかとも思うのですが、ロティーナヴェルディも堅実ですので可能性としてはやや引分の方が高いのではといったところです。



8.千葉DF増島は今節出場停止です。
千葉については上の予想で触れているのでちょっと割愛。
水戸は前節山形に3-0快勝と完全に私の予想外の結果、内容も非常に高いところまでチーム全体でプレスに行っていて大きく予想外でした。
ただどうなんでしょう。水戸が良かったよりも山形が悪かったというのも否定できず、ちょっとこの開幕戦だけで評価を下すのはまだ早いようにも思います(でも山形の調子も悪くはなかったと思います)。

水戸の長谷部監督にとっては古巣対戦でもあり、開幕の勢いそのままに千葉をやっつけたい気持ちも強いとは思いますが、一方で千葉といえばホームで強いというのも無視はできないでしょう。
水戸のハイプレス、そもそも今節もハイプレスするか不透明ですが、千葉のそもそものハイラインを果たして相手陣内深くまで押し戻せるのか、それが出来れば水戸有利、出来なければ千葉有利という感じですね。

正直許されるなら両天秤で買っておきたい試合ですが、シングル勝負と自分で決めているのでここは投票率の低い水戸にマークということになってしまいます。
まあ、千葉はあくまでハイラインは貫き通すわけですから破るために必要なのはなによりも勢いであるということも言えるでしょう。



9.大分は前節J3から戻ってきた栃木に4-2勝利、こちらも水戸同様に前半早い時間に先制できたことが大きかったですが、内容的に特筆すべきはワンタッチプレーの連続で栃木ディフェンスに足を出す間を与えなかったことでしょう。
これについては栃木はJ3から這い上がってくる為にまだ突き詰められているとは限らないの現トレンドのサッカーを求めるのではなく、すでに突き詰められている前時代サッカーを選択したようなところがあり、結果プレッシングよりもブロック守備なところが大きかったので栃木にとって相性最悪になったということが言えるでしょう。

では今節の山形はプレスしてくる相手か、そうでないかというところが最大のポイントですが、山形はプレスしてきます。
その上でボールをやや持ちたがる(ポゼッション傾向)があるわけですが、コレがために前節は水戸のハイプレッシングによってボールを持ってても自陣が多い=奪われて即ピンチという構図になってしまったわけで、大分にも今節これをやられる可能性もなくはないでしょう。

ただ、それをやられても大分は大分で前節のワンタッチプレーの連続はとても気持ちのいいものだったのでそれが忘れられず、攻撃は前節を引き継ぐと考えられます。
その場合には言ってもやっぱりミスが出やすくなるものですので、山形も前節ほど簡単にポンポンと点は取られないだろうと予想。
その上で山形も結果は悪くとも度々繰り出していた前節の攻撃、特にFWフェリペ・アウベスは良い足の振りをしていたのでやり返すことも十分可能と考えます。
よってこの試合でのシングルマークは引分が無難かなと思われます(ちょっと大分に投票率が行き過ぎなのも多少は加味してますが)。



10.町田は前節京都に2-0勝利、やはり基本昨季と変わらないコンパクトな陣形で攻守一体なサッカーを今季も続けていく模様です。
大宮は前節甲府に2-1勝利、こちらはこちらで石井監督らしいサイドをやや重視したサッカーで今季J2の覇権を狙う模様です。

町田が前節勝利を得たのはちょっと京都が昨季と比べ地上戦に色気を出していたからかなと思っていますが、まあそれでもよく集中しており、町田のクオリティは昨季より上がっている感があります。
とはいえ大宮も昨季すでにJ2降格ギリギリで監督就任したようなドタドタ感は消えており、例えば最初のコーナーキックでシモビッチを囮にしたサインプレーできっちり先制点を奪っている所などから石井監督の落ち着きぶりが伺え、2シーズン前のJ1を制した監督らしさを取り戻してきている感があります。

そんなわけで決して侮れない町田ではあるものの、やはり全体的なクオリティで考えると一枚一枚それぞれが大宮の一枚上手となってしまうため、ここは大宮をシングルマークでしょう。



11.愛媛MF田中裕人は今節出場停止です。
山口は前節熊本に4-1快勝、最高の新監督体制滑り出しとはなりましたが、熊本のミス絡みが多かったのも確かなので、それがプレーが切れたあとの切り替えの速さとハイプレッシングを掛けていたからこそのものであるというのも踏まえつつもやはりまだ未知数というか、計算できないチームだと思います。

愛媛は前節金沢に1-2逆転負け、金沢の地上で繋いで前線のFWに足元に入れてくる形と最終ラインからでも一気に放り込んでくる2パターンのポストプレーに対し、慎重なサッカー(プレスよりはブロックに重心)で対応し無事先制までしていながら後半耐えきれなかったのはホームゲームとしてかなり痛い結果となりました。
特に2失点目はまったく集中できていなかったのがとても気になるところです。

総じて山口が集中していたからこそ手にした前節勝利であり、愛媛は集中できていなかったから勝利を手放した前節だったと言えるかもしれません。

だからこそ今節は愛媛も集中することを意識して試合に臨むだろうと予想もできますが、”慎重なサッカー”であれば山口は深く追ってくるのでやはりやや押し込まれやすい、ミスを誘発されやすいことも考えられます。
まあ投票率で山口が非常に大きく支持されているので、個人的には低配当は嫌なので自分で買うのは引分かなといったところです。



12.前節山口に1-4敗戦した熊本、愛媛同様にちょっと集中力と覇気がないようなところが気になります。
徳島は前節岡山に0-1敗戦、試合を通してチャンスが多かったのは徳島でしたが、新加入FW呉屋がことごとく決めきれずに終わってしまいました。決定力の高かったFW渡が移籍してしまったのが今のところ痛く響いています。

が、呉屋は後は決めるだけというところまでは出来ていたし、ボールにも触れていたわけですので、一度決めることが出来さえすれば……という期待は大きくあります。
問題はいつ決めるかであり、それは未知数なのでマークは黒▲ですが、チャンスは多く貰えているためそれが今節になる可能性も低くない為、選択は徳島です。
一方で徳島は昨季から引き続き、ピンチらしいピンチも必ず1試合複数回はあるチームでもあり、昨季はその多くを防げていたのも確かではありますが、熊本に覇気が戻ればそこを打ち破れる可能性も否定しません。



13.金沢は前節愛媛に2-1逆転勝利、讃岐は前節新潟に0-1敗戦。
相手のレベルを考えると讃岐の敗戦も決して悪材料ではありません。
攻撃に関しては金沢の方が2トップを頼りにし、讃岐はミドルが多めというような部分で違いはありますが、実はポゼッション気味なサッカーもそこまで苦手じゃなかったり、でもやっぱりカウンター、ロングボール1発狙いが基本でもあるというところで似ており、
守備についても引いて守る時もあればかなり前線からプレスに行くこともあるというところで似ている両者という印象です。

昨季は2戦とも讃岐が勝利していますが、金沢新加入FWマラニョンもなかなか良さそうですし、讃岐もMF仲間が抜けた穴を感じさせない前節だったりで、ちょっと判断が難しい試合です。

悩ましいですが、讃岐は昨季なかなか守りきれない試合が多く、それが課題でしたが前節も新潟が相手とは言えやはり失点してしまったわけなので、0-0可能性は案外低いと考えつつの引分本命視になっちゃいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
1xbet.com(ワンバイベット)と貴社との提携依頼
担当者さま

はじめてお便りをさせていただいております。

当社は1xbet.com(ワンバイベット)というスポーツベッティングサイトを運営しているオンライン会社です。運営されている情報溢れるサイトと提携関係を結ばせていただき、共に利益をもたらし高めていければと考えています。

現在1xBETは2017度セリエAの公式メインスポンサーとして参加させていただいております。さらにスポーツベッティングでは世界的にも有名な2017年度のSBCアワードの3カテゴリーにおいてノミネートされました。

もしご興味があればご一報いただけますでしょうか。オプションをご提示させていただく予定です。

お返事を心よりお待ちしております。

高 たかし
1xbet.com日本語サイト担当
ko@1xbetpartners.com
高 たかし
2018/03/05 04:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あからさまな煽りコメントや暴言は禁止です。該当すると判断した場合予告なく削除致します。


第989回 toto 予想 ダメダメの前回予想も今回も懲りずシングル予想! toto ブックメーカー かかってこい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる