toto ブックメーカー かかってこい!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第993回 toto 予想 似た成績チーム同士の対戦目白押し! 注目は広島磐田戦!

<<   作成日時 : 2018/03/16 16:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 78 / トラックバック 0 / コメント 5

画像



1.京都 vs 岐阜
京都はここまで2分1敗、岐阜は1勝2敗となっています。
京都はフィジカルが強いけれど本当は華麗なコンビネーションやドリブルで戦いたいチームとこれまで評してきましたが、前節なんかは試合開始直後の右サイドからの崩しなど、良いコンビネーションになってきていましたし、その上でセットプレーでのフィジカルもあり、それを囮にするなんてのもあって、なんだかバランスが良くなってきている印象を強く受けました。
ただ、フィジカル押しとコンビネーションで押していくのとでは全然違うので、このスイッチの切替に対戦相手だけでなく味方までがついていけないような状況は今後も起こりうるとは思うので安定した強さとなるかは難しいというか、バランスを保っていれば非常に見込みはあるもののそのバランス維持が難しそうなチームかなと思います。

岐阜は前節千葉とのシーソーゲームを3-2で制し今季初勝利、
ハイラインの千葉に対し、一発で裏を取る狙いが功を奏しての勝利でしたが、本来のポゼッションサッカーは出来ず、千葉のプレスに押される形も目立っていたと思います。

京都は前節の新潟戦でコンパクトな守備を意識していたとのことですが、千葉ほどの極端なハイラインにはならないので、今節の岐阜は本来のポゼッションスタイルを狙うことでしょう。
岐阜はどちらかというとフィジカル主体のチームに弱い印象があり、今季も第1節福岡、第2節横浜FCに敗れており、やはりフィジカルの強いチームに弱いのではという印象は変わりません。
とはいえ、今季の福岡はウェリントンが抜けたこともあり、フィジカル一辺倒のチームから一皮むけてきているという評価もしているのですが、まさしくその感じは前節の京都にもあてはまるものとも思っています。

ただ、大木監督率いる岐阜は昨季京都に対して1勝1分と負けていないというのも興味深くはあったりするんですが、やはり今現在の京都にはちょっと成長の兆しが見えているということで、ここは京都をシングル予想では推すこととします。



2.札幌 vs 長崎
札幌はリーグ戦1分2敗、長崎は2分1敗となっています。
札幌は内容としてはいい試合が続いているとは思います。
前節の清水相手の先制ゴールなんかは相手のプレスにさらされながらもボールを前に運び、大きくサイドチェンジしてからのクロスにFWジェイが決めるという完璧な流れだったりしました。
ただコンスタントに勝ち星を積み重ねるにはやはりセットプレーの怖さがもう少し出てこないといけなかったり、後は単純な守備位置がうまくいっていなかったりと細かいところで複数の課題を抱えているのかなといった印象です。
実際には得点の半分はセットプレーから取れていたりするので、(良いキッカーである福森もいるので)セットプレーが強くないというわけではないんですが、セットプレーが強いところにセットプレーを与えてしまったときに見える対戦相手の悲壮感みたいな表情がまだまだ出てきてないんですよね。。。

長崎は開幕戦からして今季は厳しい戦いになりそうという感想でしたが、FW鈴木武蔵が思いの外頑張っていたり、全体的に昨季から継続して精神的な強さが表情に出ているという感じで苦しい中でも希望は失わず、耐えて凌いで勝ち点を積んでいるといった印象です。

良くも悪くも札幌ミシャサッカーは結果よりも内容を重視するようなところがあり、その悪い点である何が何でも勝つという気持ちがちょっと出にくいような状況のため、内容では勝ち点3でもおかしくないけど勝ち点1以下止まり、
長崎はJ1初年度ということも相まって内容よりも結果、何が何でも勝つという気持ちは強いけどやはり力不足で勝ち点1止まりになっているというここまでの総評になります。

全体的な内容ではやはりホームでもある札幌が有利になるだろうなとは思いつつ、長崎は長崎で前節は浦和相手に(PKではありましたが)先制し引き分けたというのは少なからず自信にもなっているでしょうし、その浦和の前監督が今節の相手なわけで今度は勝つという意気込みもあるでしょうから難しくなっちゃいますね。

まあしかし札幌としてはここで負けてしまうとJ2が顔をのぞかせてしまうので、ホームということもあり今節の本命予想は札幌が内容で押した上ゴールも伴うということにします。



3.浦和 vs マリノス
浦和はリーグ戦ここまで2分1敗、マリノスは1分2敗とこれまたなかなか結果の出ていない両チームの対戦になります。

浦和は水曜日のルヴァン杯でG大阪にホームで1-4敗戦という屈辱も冷めやらぬ状況ですが、総じて今季ここまでの攻撃についてはそんなに悪い印象はないというか、例年通り=十分強いという感想です。
問題は守備ではありますが、これも例年と比べて多少落ちてるかもしれない程度でそんなに極端なものには感じません。
ただその少しの差というのが、こと浦和レッズに対しては強く影響してくるもので、クラブ規模ランキングでJトップ(今年度についてはちょっと怪しいですが)のチームなためにどこの対戦相手も負けて上等、勝てば金星という目線で挑んでくるのが辛いところと思います。
また今のところ、上述のクラブ規模についても今季はトップを保持できるかやや怪しいので、選手たちの持っていたJ最大規模チームメンバーというプライドが薄れているのかもしれないなあという印象もあります。

マリノスは開幕戦C大阪相手に1-1引き分けながらも内容は上々という印象でしたが、その後奮わず連敗中、
前節についても攻撃面は悪くなかった印象ですが、バックパスがプレゼントパスになったものと、ハンドによるPKで2失点。PKについては運が悪かったとも言えますが、ポゼッションを標榜するチームなのでバックパスのミスについては評価が難しいところです。

心情的には水曜日のルヴァン杯でホームのファンに不甲斐ない結果を見せてしまった浦和は今節は何が何でも勝たなければならない試合ということになるのですが、果たして上述のプライドを良い意味でちゃんと持っているかどうかってところになるんじゃないかなと思います。

戦術的には両チームともポゼッション(浦和は堀監督になってから場合によってはカウンターに割り切ることもありますが)なので、どちらが主導権を握るかが直接結果に関わる可能性が高めってところでしょうか。
でもマリノスもロングカウンターに強い駒も多く保有してたりしますよね(;´∀`)

両チームのここまでの状況を考えると3通りすべてある試合と言わざるを得ず、
2通りに絞るなら、両チームとも引き分けは全く欲しくない状況でもあるので両天秤、
シングルにするならうーん、難しい。。。
たぶん実際買うときには両天秤にしてしまうと思いますが、難しいと感じるなら投票率の低いマリノスをシングル推しにします。



4.清水 vs 仙台
清水はここまでリーグ戦2勝1分、仙台も2勝1分と好調同士の対戦になります。
どちらも今季ここまで非常に良い内容に結果も伴っているという状況ですが、清水は複数得点が2試合あるのに対し、仙台は今季すべての公式戦で1-1以下のロースコアゲームとなっています。

総合的には得点力のあるFWの数が多いということもあり、少し清水が上かなという印象です。
仙台もかなりオーガナイズされたチームですが、毎試合ピンチがないというわけではあらず、攻守によく踏ん張っているという感じなので得点力で好調な様子の清水勝利がここはシングル候補筆頭と言えるでしょう。

仙台はどこにでも勝てるがどこにでも負けるの評価がここでビシッと決まってくれたら嬉しいところだったりしますが、清水については昨季のような集中力の切れた場面が散見されないことを願いますし、そのための監督交代だったと思うのでそういうことがないことを期待します。



5.広島 vs 磐田
広島は今季ここまでの公式戦5連勝中で全勝、当然リーグ首位となっています。
磐田は今季リーグ戦ここまで1勝2敗、ただ水曜日のルヴァン杯で札幌に1-0勝利しているのでこちらも一応公式戦2連勝中となっています。

広島が躍進するとは全くの予想外で面目ないの一言に尽きますが、内容的には接戦続き、もちろんこのところの相手が浦和、鹿島だったということもありますが、開幕戦の札幌相手も良くて五分五分というくらい、浦和、鹿島相手には劣勢という内容だったと思います。
ただ広島には長崎同様の何が何でも勝つというメンタルの強さが随所にうかがえ、その上で長崎よりもやはりレベルの高い選手が多いために勝ち点1ではなく勝ち点3が積み上がっているという印象です。

興味深いのはここまでの対戦相手がルヴァン杯のG大阪、名古屋を含めすべてボールを持つタイプの相手だったというところです。
対して今節相手の磐田はハイプレッシャー、ショート・ロングカウンターがメインの相手なので、ちょっとここまでとは広島は立場が変わるんじゃないかという気配です。

というわけでここは磐田を本命視でマークです。



6.名古屋 vs 川崎
ルヴァン杯では2連敗中もリーグ戦はここまで2勝1分の名古屋、
川崎もACLでは1分3敗と白星なしも、リーグ戦ではここまで2勝1分となっています。

名古屋はなんといってもFWジョーとMFシャビエルの影響が強いので出場のないルヴァン杯で結果が出ないのも納得はできるというところ、
川崎のACLについてはどうでしょうね。中村憲剛をあまり使ってないことなんかは多少影響あるかもしれません。

現風間監督の名古屋対前風間監督だった川崎という構図、
組織としてのレベルでは守備面のクオリティアップが風間監督退任後に出来た川崎のほうが上とは思いますが、やっぱりジョーとシャビエルの存在は強烈なのでなんとも言えません。

ただ名古屋は今季初戦でいきなり逆転勝利を挙げている一方で、川崎の今季2勝はいずれも完封勝利であり、失点していての勝利はないというのが気になるところで、なおかつジョー、シャビエル相手に無失点で済む可能性は低いというところでシングル選択は名古屋としちゃいます。



7.F東京 vs 湘南
F東京はリーグ戦ここまで1分2敗、水曜日のルヴァン杯で久保建英のJ1公式戦(昨季降格チームが参加する今季そう言っていいのか謎ですが)初ゴールで今季公式戦初勝利を挙げています。

湘南はリーグ戦ここまで1勝2分、相変わらずの全員サッカーで踏ん張っている印象です。

水曜日のルヴァン杯ではF東京のほうが主力を使った感じなので、疲労度的にはF東京がやや厳しいかなと思うところもありますが、それでとにかく今季初勝利を得ていますし、長谷川監督はG大阪時代にもリーグ戦で結果が出ない時は過密日程でもあまりメンバーを変えず勢いをつけさせるということはやっています。

湘南相手なので運動量的にタフな試合にはなると思いますが、そろそろF東京は太田宏介を中心としたセットプレーで結果が出てもいい頃でもあり、そうなればあまり流れは関係ない試合というか、陣容的にやはりF東京は湘南相手に失点はなかなかしにくいはずなので、やっぱりF東京を予想筆頭とするのが無難かなと思います。



8.G大阪 vs 柏
G大阪はリーグ戦ここまで全敗、ルヴァン杯も含め先週まで公式戦4連敗オール黒星と最悪のスタートとなっていましたが、今週のルヴァン杯で浦和をアウェイで4-1粉砕しこんき初勝利、あまりターンオーバーなしだったので疲労は心配されますが勢いはついたといったところでしょう。

柏はリーグ戦ここまで1勝1分1敗、ACLでも勝ち負け引き分け入り乱れちょっと掴みづらい感じですが、今季は例年に比べ大量補強したわけですが、今の所どちらかというと悪い方にその影響が出ているというか、あまりうまく融合されてないといった感じでしょう。

柏の下平監督は時折結構大胆なメンバー変更をしてくる印象があるので、そろそろそれをやってきそうな気配もしますが、クルピG大阪もたぶん相手どうこうというサッカーはしないので、今節については単純に勢いがついたG大阪がやや有利な気がします。

まだまだ気がします程度で予想としては全く及第点に届きませんので、それでG大阪勝利にマークするのはなんだか違う気がするところ……、どちらかというと両者ともまだまだ攻撃が散発的なので引分が妥当かなといったところでしょうか。
ただ、決定力のムラッ気も強い両者なので普通にどちらか勝利の展開も予想できます。
でもやはり散発的というところからシングルマークは引分にしておきます。



9.神戸 vs C大阪
神戸はここまでリーグ戦2分1敗、今週のルヴァン杯でアウェイ鳥栖を2-0撃破しこんき公式戦初勝利となっています。
C大阪はここまでリーグ戦3分、ACLでも初戦勝利したほかは引分先行の1勝2分1敗と今のところかなり引分が多くなっています。

神戸はリーグ前節、ここまで開始15分での失点が目立っていたこともありかなり慎重な立ち上がりとなりましたが、それで1-1引分、失点時間は86分と一応前半に失点しないという目標は達成していたので今節もそれを続けてくるのではないかなと思われますが、あまりプレスに行かずブロックが主体のように見えるので球際勝負に強く、アーリークロスからでもしっかり点が取れる杉本健勇を擁するセレッソ相手にはどうかなといったところでしょう。

その上でラインを高く保持することも多く、一発でラインブレイクすることも多い神戸に対し、裏抜けが得意な柿谷(実際彼の本当に得意とするところはあくまでボールタッチのうまさとは思いますが)が杉本と相まって効きそうな試合と思うのですが、その柿谷は前節足首を痛めており出場微妙ということになっています。

柿谷が出場してくれればセレッソに◎に近い○を付けるところですが、微妙なので――、ただ杉本一人でも十分やれそうに思うのでここはセレッソに○……、ただACLで主力を使ってホームで2-2引分としてしまっていることを考えると疲労もあるだろうしで△ってところでしょうか。



10.鳥栖 vs 鹿島
鳥栖はリーグ戦ここまで1勝2分、鹿島は1勝1分1敗となっています。
従来ではホームで強い鳥栖ですが今季はここまでの1勝はアウェイ戦、公式戦ここまで2試合のホームゲームがありましたが未だ未勝利となっています。

鹿島は今季公式戦で負け試合はリーグ前節の広島戦(0-1)のみなんですが、ACLも含め引分が多くなっており、最大失点も1点止まりと堅実ではあるんですが、最大得点も2点止まりと内容ではチャンスが多いもののイマイチ決めきれていないここまでとなっています。

全般的には失点も少ないし攻撃の形もそれなり以上には出来ているというところでまあ降格の心配なんていうのはないだろうなという鹿島なんですが、ちょっとここまで前節のPK失敗なども含めいわゆる勝者のメンタリティが戻ってきていないといった印象で、鳥栖は白星こそ前節の一つ止まりではありますが、今季の戦力バランスは上々でもあり、仙台同様にどこ相手にも勝てる力は持っているし、総合力では仙台よりも上かなという印象もありますので、主導権まで含め鹿島にとって油断ならない試合になると思われます。

これも3通りあって然るべしな試合と思いますが、現在ホームの鳥栖と引分があきらかに投票率で劣勢なので、買い目としては鳥栖の方が良いんじゃないかと思います。
昨季は鳥栖がホームで1-0勝利していますし、この両者の対戦は2013年まで遡らないと引分もなかったりするので。
ただ今現在の実力的には引分もプンプン匂うのも事実です。



11.水戸 vs 山口
水戸はここまで2勝1分、山口はここまで3戦全勝となっています。
両チームとも開幕前にはこの好調ぶりは予想できませんでした。

水戸は西ケ谷監督時代と比べ、攻撃の引き出しは少なくなってシンプルになっている印象が強いですが、FWバイアーノがボックス内でタメを創れる選手なので、シンプルでもある程度は押し込める攻撃になっているって感じですね。
そして攻撃がシンプルになった分、守備に安定感があり、ここまで許した失点は前節の1点のみとなっています。
FW前田大然が松本にレンタルバックされたため、今季は昨季ほどのがむしゃらプレスにはなっていませんが、この点もむしろ守備に安定感(ムラがないという意味)をもたらしていることに今のところはなっていると思います。


山口は例えば前節栃木に5-2快勝していますが、実は内容的にはかなり押されていたようなところがあります。というのも栃木は前節から守備をブロック主体からプレス主体に変えてきており、このプレスにかなり手間取り、自陣で相手にボールを渡す場面が多く、ピンチになりかける場面はあきらかに栃木よりも山口のほうが多かったです。
しかし栃木のプレッシングも急造の域を出ず、一本の縦パスで裏に抜け少ないチャンスを立て続けに決めきり山口が前半からスコアの上では圧倒しました(確か前半シュート4本で3得点していたと思います)。
ピンチは多かったのに失点が少なかったのは今季山口に加入しているベテランCBの坪井と渡辺の存在が大きかったと思います。
またFWオナイウの身体能力はやはり抜群なので、それも結構効いている印象があります。


というわけで今節は水戸がプレス、山口がそれをいなすという構図にはなると思いますが、おそらく前節の栃木ほど積極的には水戸のプレスはこないだろう、その分両者の守備はやや安定する可能性が高そうと予想します。
一方で山口は前節後半から出てきた栃木FWペチュニクを警戒してシステム変更したのですが、これが裏目に出てむしろそのペチュニクに2点を返されるという采配もありましたので、もし今節も必要以上にバイアーノを警戒してしまうとチグハグな守備になってしまうかもしれません。

水戸は守備が安定しているとはいえ、安定のために中央を締める意識が強く、前節は讃岐にそこを狙われる形で左サイドからカウンターで持ち上がられ、高い位置で一気に右サイドに展開、その折返しを狙うという形で崩されかける場面が散見されており、おそらく今節を含め今後はどのチームもこういう形を狙ってくるでしょうから今のところ負けがないとはいえFWバイアーノに対応できるDFのいるチーム相手にはいつでもやられておかしくもないかなと思われます。

山口がそれに該当するかどうかは微妙なところですが、坪井の実績と今季の動けている感じからすれば下手に距離を置かずにしっかり勝負させることで対応できる可能性は高いんじゃないかなと思っています。

総合的にはプレスによって両サイドの裏が取られやすい水戸であり、そこを突くのが得意な山口でもあるので、順当に行けば山口の勝利可能性のほうがやや高いのかなと思われますので、シングルマークは山口。
ただし水戸のプレスが前節よりももう少しキツイものになれば基本プレスのクオリティは栃木よりも高い為、山口を崩し切るところまであるとも考えられますが、やっぱりベテランCBコンビもおり、プレスがきつくなってもその分裏のスペースは突けると考えると山口のチャンス数はそう減らないとも考えられるため、その場合でも十分山口にも勝利の目はありそうです。



12.松本 vs 岡山
松本はここまで1分2敗、岡山は3戦全勝となっています。
なかなか結果の出ていない松本ですが、補強自体は重厚なものとなっていますし、今節がホーム開幕戦なので期するところは多い試合となっているでしょう。
ちょっとイマイチ連携不足な感が否めないのが結果の出てない理由になると思いますが、選手層的にはどんなサッカーでも出来うるがためにチーム作りに時間がかかっているように見えます。

岡山は前節勝利したことでクラブ史上初の開幕3連勝を達成して勢いに乗っています。
今季はかなり大幅に選手が入れ替わったので心配していましたが、FW赤嶺の相棒として加入したイ・ヨンジェは赤嶺同様に前線でボールを収めることが出来る上に単独で前を向いて運べもするのが非常に良く効いてます。
これによって基本的な守備負担、ゲームの組み立て難易度が下がっているわけですが、加えて高卒ルーキーのCB阿部海大もピッチ上下幅広く動き回り堂々とプレーしているのも印象的でボランチに磐田から加入した上田康太も落ち着いた捌きを見せており全体的にスキの少ない布陣になっています。
元々セットプレーに強みのあったチームですが、イヨンジェが前に運んでくれることでよりセットプレーチャンスは得やすくなっているようなところもあり、それらが総合しての3連勝、確かにチームそのものが一回り大きくなったような印象が強いです。

そんなわけで岡山有利かという試合ですが、やはり松本ホーム開幕戦というのも無視できず、岡山も基本的にはじわじわっとした全体を押し上げるプレスを見せますが、さすがに70分過ぎくらいからは運動量が減って押し込まれることも多くなるので、まだ連携不足が見られるとはいえ松本にも十分チャンスのある試合になるんじゃないかと思われます。

やはり最終的には両者とも守備ベースのチームということでシングル本名視は引分にしておきます。



13.大宮 vs 金沢
両者ともにここまで1勝2敗で連敗中となっています。
大宮はなんというか、J2なのにイマイチ押し込めてないというか、ちょっと大前が不用意にロストする場面が目立っているように思います。
うまく伝わるかわかりませんが、奪ってから急ぐのも大事ではありますが、J1ではなくJ2なのでやはりちょっと立場が違うので戦う姿勢も変えるべきというか、J1での敗者のメンタリティというか、弱者のサッカーのままJ2に来ているような印象を受けています。

金沢はここ2試合無得点、前節の福岡戦は0-1敗戦ですが、その1失点はGKほぼ正面に来たミドルシュートをファンブルしてのものとちょっともったいない負け方でした。
陣容的には柳下監督のやりたいサッカーは十分できるレベルになっていると思うので中途半端にボールを持ちたがるような相手であればしっかり結果は出せそうに思うのですが、今のところ開幕戦を除いて敵味方ともシュート本数一桁と消極的な内容になっています。

大宮も前節こそはシュート11本ですが、チャンス内容と量では完全に徳島が上回っていましたし、その前2試合はいずれもシュート本数一桁と奮ってないのでちょっと予想の難しい試合に思います。

順当に考えれば引分なんですが、柳下監督の率いるチームは全然つまらないところで致命的なミスがあって失点するというのがよく見られるので(前節の失点もそうです)大宮のシモビッチ相手だとそれもまた起こりやすくなるような気もします。

ただ現在の投票率では大宮が圧倒的に支持されているので、ここはつまらない失点はないものと期待して引分選択で行ってみます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 78
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
アルファ(管理人)さん

ご無沙汰しており申し訳ございません。
今節で少しJ1は中断することと、キャリーオーバーが続いていることで、今回はいつも以上に真剣に(真夜中に)予想している最中です。
管理人さんの予想記事も熟読し大変参考にさせていただきます。ありがとうございます。

個人的には、山口がJ1に昇格したら面白いな〜と思います。長崎がJ1に昇格したように歴史の浅いJ2チームの経営にも夢がもてればスポンサーも増えると思います。

今回は管理人さんが標題に書かれているとおり微妙な試合ばかりだと思いました。
浦和と神戸の監督は巷では疑問符がついているようですし、私もアウェーよりで張ってます。
松本はホームですが中銀開催なので高身長揃いらしい岡山のセットプレーに期待してます。赤嶺切れ切れの感じがしました。
フルメンバーでずっと連戦のガンバ大阪とACL疲れの柏(香港では江坂、パク、大谷くらいしかスタメンで出てませんが)の疲労チーム同士対決は非常に悩みます。
広島×磐田は、管理人さんの記事を読んで「そうなのか」と思いましたので、寝られなくなりましたので今日は徹夜です(笑)。

それでは一等を!!!












へぼ
2018/03/17 04:24
アルファさんはやはり凄い。。。
質問なのですが、週どれくらい試合見てらっしゃるんですか?差し支えなければ。
猫ふとし
2018/03/18 20:21
コメントありがとうございます(*´ω`*)

>>へぼさん
いやー、私も今回はキャリーオーバーもあったので最近の中ではかなり気合を入れたつもりでした。
いくつか会心の予想も出来たかなとは思いますが、んー相変わらず難しいですね(;´∀`)

確かに長崎のように歴史の浅いチームがJ1に上がれるとなるとJ2チームのみならず各地域、各社スポンサーともにやる気になりやすいでしょうね! 良い視点だと思います!!

広島磐田はまさかの俊輔怪我でベンチ外というのが痛かったです。内容的には磐田のほうがチャンスあったんじゃないかなと思います。

>>猫ふとしさん
いやー、13/13を取らなければ意味ないので今後も精進していきます。でもありがとうございます(*´ω`*)
このブログを始めた当初というか、スカパーオンデマンドで全試合中継し始めた時はJ1、J2全試合90分フルに、地上波BSの録画は倍速なども利用して毎週観てました(;´∀`)

ただそうしているといくら好きなサッカーでもさすがに観たくなくなることもあるので、そういう時はハイライトだけでサボったりもしちゃいますよ(〃∇〃)
今はかなりの選手、監督、チームの性格というか性質みたいなのはすでに把握できているとも思っているので各試合開始30分くらいをベースに、それと結果が噛み合ってない場合は後半15分くらいも観たり、予想の調子が悪くて時間が許されるなら90分できる限り観たりと色々ですが、昔と比べると時間が足りないことが非常に多くなっているのでまあ大変ではありますw

なので、やっぱりサボり予想になることも多くなってしまうと思いますが出来る限りはがんばっていきますヽ(=´▽`=)ノ
アルファ(管理人)
2018/03/18 20:33
うはーー。凄いですね。ダゾーンのハイライト見応えあってハイライト全部見るのたけでもキツイです笑

今節もフルは水戸ちゃんとガンバ柏しか見てなかったです汗

正直アルファさん辞めちゃうのかなーと心配していたので今節完全復活してくださつまてファンとしては嬉しいです!

無理しない程度に更新宜しくおねがいします!
猫ふとし
2018/03/22 18:51
>>猫ふとしさん
お返事ありがとうございます(*´ω`*)
辞めちゃうのかなとのご指摘、実はドキッとするところもあったりします(;´∀`)

本気の本気で予想を続けていくとどうしても気持ちの折れかける時もあるので、続けていくにはある程度手抜きも必要かなと妥協しているここ1年ってところです。

でもこうして見てくださる方がおられるわけですので、出来る範囲で続けて行きたいと思っています。

このところは無理はしていないので、今現在はまた徐々に力を貯めているような心境です。できたら近いうちに会心の予想ができたらなと思っております。
いつも応援いただきありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ
アルファ(管理人)
2018/03/23 17:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あからさまな煽りコメントや暴言は禁止です。該当すると判断した場合予告なく削除致します。


第993回 toto 予想 似た成績チーム同士の対戦目白押し! 注目は広島磐田戦! toto ブックメーカー かかってこい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる